心配する男性と男性を診る医者
悩んでいる男性

クラミジアはクラミジア・トラコマチスと言う病原体による感染症です。
主に性行為によって女性の子宮頚管に感染したり、男性の尿道や咽頭粘膜などに感染します。
女性の場合性感染症において最も多い病気で、若い世代に感染者が多いという特徴があります。
近年特に10~20代の女性に広まっていて、以前よりも減少傾向がありますが若い女性の間において無症状も含めて感染者が多く存在していると推測されるでしょう。

クラミジアにはいくつか症状があり、例えばクラミジア性子宮頚管炎があげられます。
これはクラミジアが子宮頚部において感染し、発生する炎症になります。
クラミジアに感染している男性の尿道分泌物などから感染することが多く、感染した後1~3週間ぐらいでおりものが増加したり軽い痛みなどが現れるでしょう。

無症状なこともあるので気づかないまま、そのまま放置されていることも多いです。
もし感染が子宮から卵管に進むと、卵管閉塞が起こったり不妊症の原因になるので注意が必要です。
特に妊婦が感染した場合、出産時に子供感染するので新生児結膜炎や肺炎などの原因になります。

クラミジア咽頭感染症の場合、口腔性交によって感染することが多いです。
クラミジアなどのさまざまな性感染症の病原体は咽頭に感染することが多く、咽頭に感染した人との口腔性交によって性器にも感染するので注意が必要です。
無症状であるケースが多いので、感染したという自覚が難しくそのまま放置したり感染が拡大する危険性もあります。
口腔性交の機会があったり性器から感染が見つかる場合、婦人科や泌尿器科、耳鼻咽喉科も受診した方が良いでしょう。

クラミジア性尿道炎の場合、男性の尿道が感染し炎症を起こす病気です。
性行為によって感染した後1~3週間ぐらいで、排尿痛があったり粘り気の少ない膿などを尿道口から排出することがあります。
痛みがそれほど強くないので気づかないまま放置することも多く、尿道から精管を逆流すると精巣上体炎になり腫れや痛みなどの強い症状が現れます。

クラミジア感染症の治療法として抗生物質の内服が有効的です。
クラミジア感染が消失したことが分かるまで性行為を控えたり、パートナーがいる場合同じように感染している可能性が高いので検査したり治療することをおすすめします。
もし感染に心当たりがあるなら専門医を受診し、クラミジアや淋菌などの検査はセットで受けることが可能です。

男性の場合は排尿から1時間半以上間隔をあけた尿を検査し、女性の場合は膣や子宮頚管などから綿棒で採取された分泌物を調べる方法になります。
咽頭感染に関しては、綿棒やうがいなどによって喉から分泌液をとって検査することが可能です。
感染したことが分かるとパートナーも検査を受けます。

また、クラミジアを予防するには不特定多数の性行為を避けなければいけません。
性交渉時にコンドームを必ず着用したり、口腔性交でも感染するケースが高いのでコンドームは必須です。
コンドームは、避妊具としてはもちろん性感染症予防としても利用することができるので便利です。

クラミジアは光学顕微鏡などでは姿を確認するのは難しく、細胞内に寄生し感染後1~3週間で発症することが多いですが自覚症状が乏しいという特徴もあります。
子宮頸管から感染すると子宮や卵管を通って、腹腔内にも感染が広がるかもしれません。
そのため慢性持続感染によって、不妊症の原因となるので注意が必要です。

治療ではよくマクロライド系やキノロン系・テトラサイクリン系などの抗生物質を投与することが多く、短期間において効率良く治療することが可能です。
いろいろな種類がリリースされていて、1日間投与したり1週間内服するものもあります。
2~3週間後に治癒しているか判定することができ、パートナーと一緒に治療することによって再発を防止することが可能です。