• ホーム
  • ファシジンはトリコモナス膣炎の特効薬

ファシジンはトリコモナス膣炎の特効薬

2020年02月29日

ファシジンは有効成分チニダゾールを配合しているトリコモナス膣炎の治療剤です。約95%と言う有効性や単回投与で完了する利便性などから、トリコモナス膣炎治療の第一選択になっています。1回服用することで原虫の駆除や二次感染予防効果があり、幅広い世代の人が利用しています。

ファシジンの有効成分チニダゾールは、高用量2,000mgの薬剤を一度に服用する単回投与法による治療が認められている医薬品です。チニダゾールによる単回投与法は有効率が約95%という臨床成績が証明されていて、膣トリコモナス症を効率良く改善することができます。

ファシジンは1錠あたり500mgチニダゾールが含まれていて、1シートにある4錠を飲み切ることによって、原因である寄生虫を確実に死滅させることが可能です。ファシジンは血中に含まれている成分濃度の最高値が高ければ高いほど、病原体に強く効果がある濃度依存性という性質になります。薬を飲んだ期間や回数などが効果に影響することはなく、単回投与で十分優れた治療効果を期待することができるでしょう。

従来よく利用されていたメトロニダゾールは高用量を投与した際、10日間分けて少しずつ飲まなければいけませんでした。1日2回10日間飲み続けることになり不便を感じている人も多かったのですが、ファシジンに配合しているチニダゾールは従来薬と比較すると安全性が向上されており、高用量での投与が可能です。

服用する回数が改善されていて、利便性が飛躍的に向上されました。臨床試験において膣トリコモナス症に対し高い有効性が示されていて、世界8ヵ国による複数の施設において同時に行われた臨床試験からも実証済みです。

膣トリコモナス症を起こす原虫に対しファシジンが殺虫効果を示すことができ、膣や子宮頸管などに感染した原虫を確実に死滅させる作用によって、泡状のおりものや強い悪臭、発赤などの不快な症状を1週間で治めることができます。膣内において繁殖しやすい雑菌にも抗菌作用があり、原虫や嫌気性菌に対して同時に働きかけることにより膣トリコモナス症や併発しやすい二次感染などを予防することができるでしょう。

1シートにある4錠すべての薬剤を飲み切り、服用する時は1錠ずつゆっくり飲み込んでいきます。食事の影響は特にないので食前や食後のどちらでも利用することができるので便利です。但し、アルコールとの飲み合わせはいろいろな副作用の発現を促進するので、飲んだ日から3日間飲酒を避けることをおすすめします。

1回服用で膣トリコモナス症の改善が見られなかった場合、同じ用量でもう一度投与することが可能です。再投与する場合最初にファシジンを服用した日から1週間以上間隔を空けることをおすすめします。1回服用するだけで完治することができるので、世界中の人が利用している人気の医薬品です。短期間で不快な症状を改善することができ、効率良く治療することができます。

関連記事
妊婦対象の性病検査がある!定期検診は絶対に受けて

いろいろな性病がありますが、母体から赤ちゃんに感染することがあります。妊娠する前から細菌やウイルスなどを持っていたり、妊娠中に感染する人もいるでしょう。例えばクラミジアは性感染症の一つで、妊娠中の人も感染していることが多い病気です。症状としておりものの増加や性器出血などがありますが、症状がないことが

2020年06月16日
クラミジアの放置は危険!別の病気を起こすことも

クラミジアは感染しても自覚症状がないことが多く、そのまま放置されることが多い病気です。クラミジア感染症について男性の場合、感染してから数日の間に尿道炎が起こることが多く、排尿時刺激症状が現れるでしょう。ウミの量は少なかったりほとんどないケースが多く、ウミは透明や乳白色、サラサラしていて粘り気がありま

2020年05月07日
不治の病の時代は終わった!エイズ治療は年々進化を遂げている

HIV感染症はヒト免疫不全ウイルスによって引き起こる感染症です。感染するとウイルスの病原体と戦ったり病気を予防する身体の免疫機能が、数年~数十年において徐々に低下します。免疫が低下すると脳や肺、消化器や皮膚といったさまざまな部位において病気を引き起こすようになります。免疫の低下から病気を発症したこと

2020年03月29日
トリコモナス膣炎は原虫が原因の性病

トリコモナスはトリコモナス原虫が腟内において定着することによって引き起こる感染症です。他の性感染症と違って中高年の人も見られることがあり、感染者の年齢層が幅広いということがあげられます。トリコモナスは性行為はもちろん、いろいろな感染経路があることで有名で性交経験のない人や子供にも感染者を確認すること

2020年01月30日
日常生活で出来る膣カンジダの発症を予防方法

膣カンジダの原因になるカンジダ菌は真菌で、健康な人にも存在している常在菌です。通常膣内にいる善玉菌が膣内においてカンジダ菌が増えるのを防いでいるので、カンジダ菌は増殖しません。しかし抵抗力が低下したり通気性の悪い下着をつけていると、膣内環境が乱れてしまいカンジダ菌が増殖するかもしれません。膣カンジダ

2020年01月04日
カンジダ・水虫なんでもこい!ミコゲルクリームは超有能抗真菌薬

ミコゲルクリームは強いかゆみや皮膚の剥離、水ぶくれなどの症状を起こす足の水虫治療に有効的な抗真菌薬です。ジェネリック医薬品で有効成分ミコナゾールが配合されていて、1日2~3回の塗布におって殺菌することができます。ミコゲルクリーム白癬菌はもちろんいろいろな真菌に対して作用することができ、水虫と同じく真

2019年12月31日
忙しい女性に気を付けてもらいたい膣カンジダという病気

膣カンジダは性器感染症の種類で、真菌の一種カンジダ属によって生じます。特に女性に多く現れる特徴があり、20代での発症が多く年齢と共に感染率が減少すると言われています。腟や外陰の療法に感染することが多く、一般的に外陰腟カンジダ症などと言われることも多いでしょう。男性の場合、症状が出ることが少なく、包茎

2019年12月29日
抗生物質アジスロマイシンはクラミジアの特効薬!

アジスロマイシンはクラミジア感染症や呼吸器などの感染症治療に利用される抗生物質です。細菌感染症治療剤として知られていて、効果の持続性が優れた成分になります。薬剤移行性が高いので感染組織において有効な成分濃度を長時間維持することが可能です。1回飲むだけで細菌が死滅するまで効果を発揮することができます。

2019年12月26日