• ホーム
  • クラミジアの放置は危険!別の病気を起こすことも

クラミジアの放置は危険!別の病気を起こすことも

2020年05月07日

クラミジアは感染しても自覚症状がないことが多く、そのまま放置されることが多い病気です。クラミジア感染症について男性の場合、感染してから数日の間に尿道炎が起こることが多く、排尿時刺激症状が現れるでしょう。

ウミの量は少なかったりほとんどないケースが多く、ウミは透明や乳白色、サラサラしていて粘り気がありません。1週間以上そのまま放置していると尿道の奥に移動し、尿道の奥には前立腺がありこの部位は抗生物質などが届きにくいので細胞にとって都合の良い場所です。菌が前立腺に入ると、なかなか治しづらい状態に発展するので注意が必要です。

前立腺は痛みを感じる神経が少ないので、自覚症状がなってしまいます。周辺の皮膚神経を使って何かしら異常を知らせようとするのですが、前立腺炎の場所は一定しなかったり症状が変化することが多いです。肛門と陰のうの間や下腹部、鼠径部や内ももなどに痛みを感じることがあるでしょう。

前立腺から奥には睾丸があり、前立腺炎を治療せずにそのまま放置すると睾丸まで菌が進んでしまうかもしれません。睾丸の周りに副睾丸があり、睾丸でできた精子を集めている働きがあるので細い管が網のように張っています。ほとんどの病原体はここで引っかかり副睾丸炎が起こることが多いです。副睾丸炎が現れると腫れ上がり、睾丸自体が大きく腫れるケースもあります。睾丸から鼠径部にかけて高熱や激痛などを伴い、両方に起こると不妊症になる危険が高いのですぐに病院に行きましょう。

性器クラミジア感染症の女性の場合、最初子宮頚管部粘膜において感染します。クラミジアに感染しても症状がほとんどなく、膣内の抵抗力が下がり病原菌が進入しやすくなるでしょう。膣炎が起こるようになり、性器のかゆみやおりものの増加、性器のニオイがきつくなるといった症状が現れます。性交痛なども感じるようになり、初期において治療ができないと体の奥に菌が侵入していきます。

子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎などを引き起こしていき、下腹部の痛みや生理痛、不正出血など主な症状です。流産するリスクも高くなり、卵管炎になると卵管が塞がるので不妊症の原因にもなります。更に進展すると腹膜炎になり、頑固な腹痛や生理痛、不妊症が現れるでしょう。激しい上腹部痛を起こすことがありますが、これは肝臓の裏に侵入し肝周囲炎を起こしていることがあります。

妊娠している場合クラミジアに感染し未治療で出産すると、新生児結膜炎や肺炎などの原因になるので注意が必要です。妊娠中でも治療することができ、クラミジアの母子感染を非常に危険なので積極的に診断したり治療を受けるようにしましょう。性器クラミジア感染症は男性と比較すると、女性の方が症状に気づきにくいことがあげられます。

深刻な身体的な影響を受けやすく、パートナーと一緒に治療しなければいけません。症状が軽いからと言ってそのまま放置せずに、必ずパートナーと同時期において受診することをおすすめします。

関連記事
妊婦対象の性病検査がある!定期検診は絶対に受けて

いろいろな性病がありますが、母体から赤ちゃんに感染することがあります。妊娠する前から細菌やウイルスなどを持っていたり、妊娠中に感染する人もいるでしょう。例えばクラミジアは性感染症の一つで、妊娠中の人も感染していることが多い病気です。症状としておりものの増加や性器出血などがありますが、症状がないことが

2020年06月16日
不治の病の時代は終わった!エイズ治療は年々進化を遂げている

HIV感染症はヒト免疫不全ウイルスによって引き起こる感染症です。感染するとウイルスの病原体と戦ったり病気を予防する身体の免疫機能が、数年~数十年において徐々に低下します。免疫が低下すると脳や肺、消化器や皮膚といったさまざまな部位において病気を引き起こすようになります。免疫の低下から病気を発症したこと

2020年03月29日
ファシジンはトリコモナス膣炎の特効薬

ファシジンは有効成分チニダゾールを配合しているトリコモナス膣炎の治療剤です。約95%と言う有効性や単回投与で完了する利便性などから、トリコモナス膣炎治療の第一選択になっています。1回服用することで原虫の駆除や二次感染予防効果があり、幅広い世代の人が利用しています。ファシジンの有効成分チニダゾールは、

2020年02月29日
トリコモナス膣炎は原虫が原因の性病

トリコモナスはトリコモナス原虫が腟内において定着することによって引き起こる感染症です。他の性感染症と違って中高年の人も見られることがあり、感染者の年齢層が幅広いということがあげられます。トリコモナスは性行為はもちろん、いろいろな感染経路があることで有名で性交経験のない人や子供にも感染者を確認すること

2020年01月30日
日常生活で出来る膣カンジダの発症を予防方法

膣カンジダの原因になるカンジダ菌は真菌で、健康な人にも存在している常在菌です。通常膣内にいる善玉菌が膣内においてカンジダ菌が増えるのを防いでいるので、カンジダ菌は増殖しません。しかし抵抗力が低下したり通気性の悪い下着をつけていると、膣内環境が乱れてしまいカンジダ菌が増殖するかもしれません。膣カンジダ

2020年01月04日
カンジダ・水虫なんでもこい!ミコゲルクリームは超有能抗真菌薬

ミコゲルクリームは強いかゆみや皮膚の剥離、水ぶくれなどの症状を起こす足の水虫治療に有効的な抗真菌薬です。ジェネリック医薬品で有効成分ミコナゾールが配合されていて、1日2~3回の塗布におって殺菌することができます。ミコゲルクリーム白癬菌はもちろんいろいろな真菌に対して作用することができ、水虫と同じく真

2019年12月31日
忙しい女性に気を付けてもらいたい膣カンジダという病気

膣カンジダは性器感染症の種類で、真菌の一種カンジダ属によって生じます。特に女性に多く現れる特徴があり、20代での発症が多く年齢と共に感染率が減少すると言われています。腟や外陰の療法に感染することが多く、一般的に外陰腟カンジダ症などと言われることも多いでしょう。男性の場合、症状が出ることが少なく、包茎

2019年12月29日
抗生物質アジスロマイシンはクラミジアの特効薬!

アジスロマイシンはクラミジア感染症や呼吸器などの感染症治療に利用される抗生物質です。細菌感染症治療剤として知られていて、効果の持続性が優れた成分になります。薬剤移行性が高いので感染組織において有効な成分濃度を長時間維持することが可能です。1回飲むだけで細菌が死滅するまで効果を発揮することができます。

2019年12月26日