• ホーム
  • カンジダ・水虫なんでもこい!ミコゲルクリームは超有能抗真菌薬

カンジダ・水虫なんでもこい!ミコゲルクリームは超有能抗真菌薬

2019年12月31日
落ち込んでいる男性

ミコゲルクリームは強いかゆみや皮膚の剥離、水ぶくれなどの症状を起こす足の水虫治療に有効的な抗真菌薬です。ジェネリック医薬品で有効成分ミコナゾールが配合されていて、1日2~3回の塗布におって殺菌することができます。ミコゲルクリーム白癬菌はもちろんいろいろな真菌に対して作用することができ、水虫と同じく真菌感染症に区分されるカンジダ菌やマラセチア属菌の殺菌にも効き目を発揮することが可能です。

水虫の治療としてよく利用されていますが、カンジダ治療にも利用することができます。ミコゲルクリームは真菌感染症や不快な臭いなどにも悩んでいる人が治療するのに便利な抗真菌薬です。有効成分であるミコナゾールは白癬菌などの真菌はもちろん、臭いを発生する細菌にも有効的です。単剤で真菌や細菌などを同時に除去することができ、他の治療薬を併用しなくても不快な臭いも同時に治療することができます。

ミコゲルクリーム1本15gで、先発薬が1本10gなので内容量として1.5倍増量しています。水虫の治療の場合は長期にわたるので、内容量が増えた分先発薬より長く治療することができるでしょう。

ミコゲルクリームの効果は先発薬で行われた臨床試験において証明されており、臨床試験では水虫やカンジダ症、癜風といったさまざまな真菌感染症を持っている患者を対象に実施されました。クリームを1日2~3回塗布してから真菌の消失率を確認すると、多くの疾患において90%を超える菌が消失されました。外用薬が効きづらいと言われている角質増殖型水虫などが含まれている水虫も75%といった消失率が確認され、さまざまな真菌感染症に有効な薬であることが分かります。

効果は配合されている有効成分で決定されるので、ミコナゾールを有効成分にしているジェネリック医薬品であるミコゲルクリームも同等の効き目を期待することが可能です。特に白癬菌やカンジダなどを含む真菌除去に適しているので、毎日患部に塗布すると肌に潜んでいる真菌活動を阻害し除去することができます。

ミコゲルクリームを利用すると2~4週間で完了しますが、かゆみや水ぶくれといった自覚症状について塗り始めて1週間ぐらいで消失することもあるでしょう。なお、症状が治まったとしても真菌除去が完了するには時間がかかります。決められた期間において塗り続けることが大切です。1日2~3回患部に塗布し、手や患部などを洗浄した後、水分をよく拭き取って清潔な状態において塗りましょう。

入浴した後塗布すると、皮膚が柔らかくなっているので有効成分が浸透しやすいです。クリームを塗る時症状が現れている患部より広く塗らなければいけません。真菌の感染範囲が広く患部より広範囲に感染する可能性があるからです。クリームを塗る場合は広く塗ることを意識し、感染拡大を予防するため外側から内側に塗っていきましょう。水虫の治療によく利用されるクリームですが、カンジダ治療にも利用することができるので便利です。

関連記事
日常生活で出来る膣カンジダの発症を予防方法

膣カンジダの原因になるカンジダ菌は真菌で、健康な人にも存在している常在菌です。通常膣内にいる善玉菌が膣内においてカンジダ菌が増えるのを防いでいるので、カンジダ菌は増殖しません。しかし抵抗力が低下したり通気性の悪い下着をつけていると、膣内環境が乱れてしまいカンジダ菌が増殖するかもしれません。膣カンジダ

2020年01月04日
忙しい女性に気を付けてもらいたい膣カンジダという病気

膣カンジダは性器感染症の種類で、真菌の一種カンジダ属によって生じます。特に女性に多く現れる特徴があり、20代での発症が多く年齢と共に感染率が減少すると言われています。腟や外陰の療法に感染することが多く、一般的に外陰腟カンジダ症などと言われることも多いでしょう。男性の場合、症状が出ることが少なく、包茎

2019年12月29日
抗生物質アジスロマイシンはクラミジアの特効薬!

アジスロマイシンはクラミジア感染症や呼吸器などの感染症治療に利用される抗生物質です。細菌感染症治療剤として知られていて、効果の持続性が優れた成分になります。薬剤移行性が高いので感染組織において有効な成分濃度を長時間維持することが可能です。1回飲むだけで細菌が死滅するまで効果を発揮することができます。

2019年12月26日